Kalpasi ~カルパシ~ 【予約方法など】(千歳船橋/経堂・カレー)

最近友人の影響でカレーにハマっていて、色々なカレー屋さんに連れて行ってもらっている。

今回伺ったのはカルパシさん。完全予約制のカレー屋さんである。

カレーと言っても様々なジャンルがあるが、ここはインド亜大陸各地方のカレー文化に店主独自の解釈を加えた本格カレーを食べることができる。

↓【追記】Freestyle-Thali(Chinese)の時に行った記事も書きました。ヤバイくらい美味しかった。

衝撃。Kalpasiさんで中華風咖喱。
Freestyle-Thali~CHINESE~2018.11.22 "Freestyle-Thali(Chinese)" この週のメニューはまさかのカレーと中華の融合。結論から言うと衝撃的に絶品。...
スポンサーリンク

完全予約制のカレー屋さん Kalpasi ~カルパシ~

※予約開始曜日・定休日が変わったようです!(2019/7/14)

メニューはコースが1つのみで週変わり。1ドリンクの注文が必要。

ディナーは1日2部制。①18時30分~20時15分と②20時40分~22時30分。

定休日は日曜日と月曜日。

ランチがある週もあるみたいなので公式SNS等で確認するべし!

予約方法はLINEから。(LINE ID:kalpasi)

※現在はLINE ID:kalpasi が満員なので新規登録者はLINE ID:kalpasi2で受付みたいだ。

毎週金曜日の22時から1週間分の予約を一斉に受け付ける仕組みで、申込みが集中する回は予約開始の22時ちょうどに申し込んでも予約が取れないこともあるという人気ぶり。メニューはだいたい予約受付の少し前にTwitterinstagramで発表される。値段も週によって違うので要チェック。

予約は金曜日22時になったら上記LINE ID(kalpasi)に

・名前

・行きたい日、時間(①18時30分~20時15分 or ②20時40分~22時30分)

・人数

・連絡先

等を連絡すればオーケーだ。後日予約が取れたかどうかの連絡がくる。

もし予約が取れなかったとしても、キャンセルが出た時にTwitterで募集することがよくあるのでチェック!

スポンサーリンク

Sri Lanka-Rice&Curry-

伺ったのは4月の4週目。メニューはスリランカスタイルのカレー。

Starter

まず最初に出てきたのはマール・ロールスという料理。

スパイシーな鯖のコロッケ?のような、なんと表現したらいいのかよくわからないが、注文した白ワインがすすむすすむ。ちなみに1ドリンク注文が必須です。

Curry

そしてしばらくするとメインのカレーがドーン!

どれから食べて、どういう組み合わせで混ぜて、どう味わおうか考えるだけでちょー楽しくなっちゃうでしょ?

ビーフカレーは牛の油の旨味がすんごく出ててそこに奥深ーーいスパイスが加わり美味しすぎるし、チキンカレーは焙煎カレーパウダーの香ばしさがたまらない。そこに優しい野菜カレーや豆のカレーをはさむのも一興。そして付け合せの野菜たちや煮魚を加えてカレーとまぜまぜしたり!ひとつひとつが美味しいけど混ぜるともーっと美味しい!味の変化が楽しい!

もうたまりません。

美味しすぎる。

おかわりが止まらん。

Dessert

これでも大満足なのですが、最後にデザートが出てきます。

ハチミツがかかったミルクとヨーグルトのジェラート。

デザートまで抜かりなく美味しくてニッコリ。

そして最後にホットチャイを注文。

濃ゆくて甘く、ホットします(笑)

冗談はさておき、ホントに大満足ですね!!!

大人気なのも納得の圧巻なカレーワールドでした!

週替りでメニューが変わるので、予約が取れたら他のメニューも食べにまた来たいと思います!


スポンサーリンク

Tamil Nadu Banana Leaf Veg-Meals

6月の2週目に訪問。

今回は見た目インパクト大なバナナの葉をお皿にしたベジミールス。

Curry

入店して着席すると既にテーブルにはバナナリーフと副菜が盛られ、期待感と空腹感が煽られます。

そして続々と運ばれてくるカレーたち。

すごいです。

肉を使わないで野菜、果物、ヨーグルト、スパイスなどで調理されています。

まずホクホクにグリルされたベビーコーンをちょっと硫黄チックな香りのするピンクソルトをつけて食べ、ビールを飲み干します。最高。

カレーもひとつひとつがほんとうに美味しくて。

肉が無くて物足りないかな?なんてのは全然無くて。

野菜の表現力に驚かされます。

そしてバナナの葉の上はまさにパレット。

好きなものを自由に混ぜて楽しみます。

Dessert

大葉のジェラート。

食べるとダイレクトに強い大葉の風味。

あとから追いかけてくるふんわりとした甘み。

初めて体験するタイプのデザート。驚き。美味!


スポンサーリンク

店舗情報

“Kalpasi~カルパシ~ インド亜大陸食堂酒場”

[住所]東京都世田谷区経堂4-3-10 1F

予約の情報などはSNSにて

Twitter → https://twitter.com/kalpasi96

instagram → https://www.instagram.com/kalpasi96/

東京都世田谷区経堂4-3-10 1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました