ヒューリスティック・シティ

フィロソフィーのダンス/ヒューリスティック・シティ、ミュージック・ビデオ

アイドルグループ”フィロソフィーのダンス”の「ヒューリスティック・シティ」という曲のミュージックビデオです。

この曲のテーマのひとつは”平成との別れ”。


「ヒューリスティック・シティ」は”平成が終わってしまう”って意味も込められているんです。年号が変わるってことで”次の時代に行きましょう”、”平成という時代にさよなら”という意味もあるので、今出すことにすごく意味がある曲なんですよ。(平成の)最後に出せて良かったなという思いもあります。


この曲は”寂しさ”とか”寂れた街”というのが曲のイメージとしてあります。ミュージック・ビデオでは”栄えた街”と”寂れた街”が対照的になるような撮り方をしたんです。間奏部分で”街の中ですれ違っていく人たち”とか”殺風景なビル”みたいなものをイメージしたダンスは組み込まれていますね。

skream!

MV中には僕が生まれ育った地元山梨でのカットが多数登場します。

もちろん、平成に取り残されていく”寂れた街”サイドで登場(笑)。

以下特に需要のない、MVと僕の思い出の照らし合わせです。

いつも閑散としている甲府のアーケード。

たまにこの辺にある甲宝シネマとかトポスでポケモンとかドラえもんとかしんちゃんの映画観たりさ~、寂れたゲーセンに行ったりさ~、ガキの頃はそれくらいしか娯楽がなかった。

徴古堂という書店。ここに学校の教科書買いに行かされたり。

お馴染み平和通り。学校に行くときも、電車やバスに乗って東京にライブ観に行くときもこの通りを爆走したものです。

既視感しかない街並み。

ここは…ちょっと大人なエリアだね。たぶんね。

これは推しメンの奥津マリリちゃん(そうなんや)

休日のドライブといえばここ。今や廃墟、清里の街。

観光地によくあるこういうキーホルダー買って貰ったりしたな…。(検索してたら懐かしすぎて死んだ)

そして、清里といえば食べてほしいのがク・ソフト。

ベルギーチョコを使用した(たしか)とっても美味しいショコラソフトクリームなのですが

どうみてもウ○コです本当にありがとうございました。

食べた後の容器なんか生々しいくらい汚いので各自ググってみてください。(非推奨)

でもやっぱりコレこそ、道路を車で走っていると見えてくるインパクト大な看板も含めて清里の名物だと思うんですよね~!

ちなみにメンバーの日向ハルさんはウ○コネタがだいs(自主規制)(すみません)

…話がだいぶ逸れましたが、寂れた街の対比として描かれるのは新宿の街。

新宿の目。

解体が進むスバルビル。

メンバーが運転する古めかしい自動車だったりとか、キックボードだとか、ブラウン管テレビだとか、携帯CDプレーヤーだったりとか小物もいちいち懐かしいし

個人的な地元補正があるにしろ、観る人になんとも言い難い”エモ”という感情を思い起こさせてくれる良い作品だなと思いました。

…たぶん”エモ”って感情だと思うんですけど合ってます?

コメント

タイトルとURLをコピーしました